東大剣道部には100年以上の歴史があります。ここではその長い歴史のうちの一部を紹介します。

1887年   榊原鍵吉先生を師範とし、東京大学に撃剣会設立
1911年頃  撃剣部から剣道部に改称
1921年   東大京大対抗戦始まる
1924年   各運動部合同の東大京大戦始まる、以後対抗定期戦として1945年まで続く
1931年   赤門剣友会(東大剣道部の卒業生が所属する団体)が発足
1938年   七徳堂新築完成
1945年   太平洋戦争終結、学校剣道全面禁止
1952年   関東学生剣道優勝大会始まる
1953年   剣道禁止解除、東大剣道部復活
1954年   東大一橋大定期戦始まる
東大京大戦復活
国公立大学剣道大会始まる
1955年   東大防衛大定期戦始まる
関東学生剣道選手権大会始まる
1956年   国立七大学剣道大会(七帝戦)始まる
1968年   東大防衛大定期戦中断
部内選手権始まる
1969年   東大京大定期戦に併せ、親睦OB対抗戦始まる
関東女子学生剣道選手権大会始まる
1973年   東大防衛大定期戦再開
1975年   高校招待試合始まる
関東女子学生剣道優勝大会始まる
2011年   高校女子招待試合始まる
 

 

戻る